注意したい賃貸物件選びの落とし穴!大事なものがない物件とは?

Share on Facebook
Pocket

新しい賃貸物件探しの際、図面には載らない、入居してから気づく落とし穴というものが存在します。

・窓を空けたら向かいの家のベランダが正面にあった!
・4階建てなのにエレベーターなし。

というのは気づきやすいですが、内見に行っても気づかない位の小さな大問題というのもあります。

そこで不動産選びで気を付けたい点をピックアップしました。
本当?と思ってしまうけれど実際に起こりうる落とし穴をご紹介します。

1.エアコンがない、壊れている

図面には書いてあるけど、全ての部屋に設置されているとは限らないため、
主に過ごすお部屋についているか、うまく空気が流れるかなどを確認をした方が良いでしょう。

賃貸物件にエアコンがついているかいないかで、かかる予算は別物になります。
仮についていたとしても壊れていたら意味がありません。

見学ではエアコンの有無を確認し、さらにそれが正常に稼働するかどうかまでしっかりと確認するようにしましょう。

2.網戸がない

SOHO(オフィス)向けに作られたマンションタイプのお部屋でたまに起こる事件です。

網戸についてはあまり意識していないため見逃してしまうことがあります。

網戸がないと暑くても、換気したくても虫が入ってくるから窓を開けられない問題に陥ります。
そのため、網戸の有無も必ずチェックするようにしましょう。

窓枠の都合上、あとから取り付けることも難しいため、その点も十分に注意する必要があります。

3.インターホンがない

古いアパートタイプのお部屋で起こりやすい事件。
今時ノック?それとも漫画の世界のように「○○さーん!お届け物ですー!」呼ぶのでしょうか。

逆に来客お断りの人にはとっては好都合?

いえ、やはりインターホンがないと不便ですよね。

インターホンがないけれど、お部屋自体が気に入った場合はお隣さんがどうしているかなど、不動産屋さんと相談してみましょう。

4.玄関のチェーンがない

わりとしっかりしたマンションなどでも玄関の鍵だけでチェーンがない場合があります。

男性の場合は気にならなくても、女性の場合は非常に大切な問題です。

深夜など鍵などを開けられたらと思うと怖いですよね。
より安全と、安心のためにも玄関のチェーンはあった方が望ましいです。

細かい点になりますが防犯の観点から、玄関のチェーンもチェックするようにしましょう。

まとめ

見落としがちな不動産選びの落とし穴については、今回のまとめが代表的です。

その他に冷蔵庫やベッドが入らないなど、実際に内見で気づけるところはたくさんありますので、
お部屋探しに行かれる前にお手持ちの家具の採寸と、候補になったお部屋は内見の時に採寸することをオススメします。

入居してから冷や汗をかかないよう、ぜひとも不動産選びでは細かいところもチェックするようにしていきましょう。

Share on Facebook
Pocket

不動産スタイルとは?当サイトの魅力をまとめました

Share on Facebook
Pocket

不動産スタイル

当サイト『不動産スタイル』は不動産にまつわるさまざまな情報を提供する総合サイトです。

不動産は、誰にとっても欠かせないものです。

賃貸・持ち家・不動産売買・不動産投資。それぞれが当事者にとっては切実な問題であり、人生に影響を及ぼす要素をはらんでいます。

切実な問題になるのは『お金』が関わっているケースが多く、その他にも手間やストレス、人間関係等さまざまなトラブルが生じやすいからとも言えます。

不動産スタイルのコンセプト

当サイト『不動産スタイル』のコンセプトは、賃貸・持ち家・不動産投資まで、お金をはじめさまざまなストレスを軽減し、お得な情報をお届けすることです。

不動産にまつわる根本的なストレスを排除し、見る人がメリットが得られる情報を提供することを目的としています。これは私自身が不動産に関することで苦しみ、また喜びを得た経験を共有したい想いから立ちあげています。

不動産にまつわるストレスと解決方法

例えば賃貸の場合、新しい部屋を探すときは不動産屋に足を運び、価格や生活環境に至るまで膨大な情報から自分に合う部屋を探さなくてはいけません。

仕事を抱えている場合は僅かな合間を縫って不動産を探す必要があります。

これらは決して簡単なことではありません。

こうした労力を伴う事柄についてはイエプラという無料サービスを利用することで、大幅に労力を削減させることができます。

また、愛着のあるマイホームを売らなければいけなくなっても、そのまま住み続けることができるハウスドゥと呼ばれるサービスも存在します。

お金がなくて不動産投資ができないという方には、クラウドファンディングを生かした不動産投資によって、低額で不動産投資が可能になります。

上記は一例ですが、不動産は大きな魅力があり、そこで生じるストレスを軽減させることができれば人生がより豊かなものになります。

不動産の充実は、情報の質に比例する

賃貸・持ち家・不動産投資など、自身と繋がりのある不動産ライフを充実させるためには、情報の質こそが最も重要になります。

そんな不動産の情報はインターネット上にも溢れ、中には悪徳まがいのものも存在します。
沢山の情報があること自体は悪いことではありませんが、大切なのは情報の質です。

そして残念ながら不動産情報の質を追求した総合サイトというのは、日本では希少です。

こうした背景から、『不動産スタイル』では世の中のあらゆる情報の中から、最も優れた情報だけをピックアップしてお届けしていきたいと思います。

不動産スタイルは人生の幅を広げます

不動産スタイルで扱うテーマは、賃貸・持ち家・不動産売買・不動産投資までジャンルが多岐にわたります。中には自分とは関係のないジャンルもあるかと思います。

しかしながら全てのジャンルにおいて、不動産を通じて人生を豊かにさせるというコンセプトは一貫しています。だから誰が読んでも発見があるはずです。

不動産情報は誰にとっても無関係ではない

不動産は誰にとっても欠かせないものであり、どのようなジャンルであれ無関係ではありません。賃貸に興味がある人が持ち家に興味を持ったり、マイホームの売買を考えている人が不動産投資に興味を持つことはごく自然なことです。

不動産スタイルでは楽しい、役に立つ情報を心掛けていますので興味を持って読んで頂ければ大きなメリットを享受できるかもしれません。不動産に対する興味を持てば、人生の幅は間違いなく広がるはずです。

全ての人にとって関わりのある不動産に対する見識を深め、日々の生活を充実させていきましょう。

不動産スタイルは見る人に新しい驚きとメリットを提供したいと考えておりますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

Share on Facebook
Pocket

一人暮らしの部屋探しのコツはイエプラを使うこと!理想が見つかる

Share on Facebook
Pocket

ieagent

一人暮らしの部屋探しでストレスを抱えている人は多いと思います。
その悩みを解決するコツが『イエプラ』と呼ばれる無料サービスを利用することです。

  • 不動産屋に行くのがストレス
  • 仕事を抱えていると不動産屋に行けない
  • 自分の理想通りの部屋が見つからない

など、とにかく部屋探しというのは想像以上に大変なものです。

しかし無料で利用できるイエプラを使えば、これらのストレスは改善されます。

今回は一人暮らしの部屋探しで必須なイエプラのサービスについてまとめました。
お部屋探しで悩まれている方はぜひ参考にして下さい。

イエプラとは何?

現在、めざましテレビなどでも放送され、大きな人気を集めているサービス『イエプラ』ですが一言でいうとコンシェルジュが代理でお部屋を探してくれるサービスになります。

このサービスのポイントは利用が無料であるということ。

そして、不動産屋に足を運ぶことなく「待つだけで良い」ということになります。

部屋探しのストレスがなくなる

イエプラでは具体的にはチャットを通じてコンシェルジュに部屋探しの希望を伝えるだけでOKです。

従来ありがちだった不動産屋に行くストレス、時間がなくて不動産屋に行けないという問題が解決されます。しかし、ストレスが改善されることだけがメリットではありません。

部屋を探してくれるのは不動産のプロフェッショナルです。

メリットについては後で詳しく述べますが、自分で探すよりも効率的に理想のお部屋を見つけることができます。

もそも自分で部屋探しをすることは難しい?

一人暮らしの部屋探しを自分でされる方は多いですが、これらは簡単なことではありません

なぜなら部屋探しの情報を提供する会社は複数ある上に、物件の数も膨大なので全てを処理することは不可能です。

またいくつも不動産屋に足を運び、そこでやりとりを繰り返すのは想像以上に労力が必要です。

後悔しないためにイエプラを使う

面倒だからと妥協して物件を決めてしまい、後で後悔するというケースが後を絶ちません。

基本的に一人暮らしの部屋探しは難しい面が多く、イエプラのようなサービスを上手に利用することがおすすめです。とにかく無理だけはしないようにしましょう。

イエプラのメリット

イエプラには部屋探しのストレスを軽減させる以外にもメリットがあります。
具体的には以下の2つです。

  • 未公開物件に出会える(2000件以上)
  • すぐ埋まりそうな人気物件も抑えられる

コンシェルジュに委託することで、従来では考えられないメリットを享受することができます。
特に人気物件が抑えられるのはメリットが大きいと言えます。

イエプラについては一人暮らしの部屋探しのストレスを軽減するだけでなく、さまざまなメリットがあると抑えておきましょう。

イエプラのデメリット

イエプラは対象となる地域が限定されています。

対象となるのは東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・福岡になります。

地域はかなりカバーされていますが、利用する上でこの点だけは抑えておきましょう。

具体的な利用方法について

イエプラの利用方法はいたって簡単です。

家AGENT+(イエプラ)

上記公式サイトで無料で会員登録をした後に、希望の部屋・引っ越し先・駅名などを選択するだけ。
引っ越しの時期を聞かれる項目があるので、この点だけイメージしておきましょう。

後は待っているだけでコンシェルジュの方からチャットで物件を提案してもらえます。

いざというときは電話も可能なので安心です。あれこれ考えるより、無料で難しいことはありませんので、とりあえず始めてしまう方が早いかもしれません。

イエプラの口コミ・評判は?

イエプラの口コミや評判をまとめました。
併せて参考にしてみて下さい。

新しいサービスなのでそれほど口コミは多くありませんが、これから本格的に広がりそうな雰囲気があります。めざましテレビ等でも取り上げられ注目が集まっています。

イエプラで一人暮らしの部屋探しを快適に

イエプラは無料のサービスです。
まだ、知らない人もいるかもしれませんが使わない手はありません。

物件の内容もアパート、マンション、一戸建て、タワーマンション、デザイナーズマンション、ペット可、女性専用、バリアフリーなど全てが揃っています。

自分では探しにくい物件でもプロの方に頼めば解決できる可能性があります。
部屋探しで少しでも億劫でストレスを感じている方にはイエプラがおすすめです。

部屋探しは本来、新しい出会い・発見がありワクワクするものです。
イエプラで余計なストレスは排除し、楽しく有意義に進めていきましょう。

家AGENT+(イエプラ)

イエプラのサービスまとめ

3つの大きなポイント

  • コンシェルジュが理想のお部屋を紹介してくれる
  • 深夜0時までチャット相談ができる
  • お客さまの代わりにお部屋探し!さらに60秒でご紹介

さらに見逃せないのポイント

未公開物件に出会える

有名なお部屋が紹介されているサイトでは、掲載できないお部屋が多数あります。
しかし、そういった掲載できないお部屋も、家AGENT(イエプラ)ではご紹介できます。

見学まで家から出る必要なし!

家に出ることなく待つだけでOK!チャットでやりとりできるので、時間的にも交通費的にも損することなく、効率的に理想のお部屋が見つかります。

人気のお部屋を確保できる

家AGENT(イエプラ)では深夜0時まで、60秒でお部屋をご紹介できるため、人気のお部屋情報をすぐに掴むことができます。人気のお部屋がすぐに消えるといった心配がありません。

メディア掲載実績

  • ヤフーニュース
  • めざましテレビ
  • 朝日新聞
  • 週刊住宅紙など
Share on Facebook
Pocket

5年連続住みたい街ナンバーワン!吉祥寺の魅力とは

Share on Facebook
Pocket

最新の住みたい街ランキングでは2位に陥落した吉祥寺ですが、5年連続住みたい街ランキングナンバーワンを獲得し、未だ圧倒的な人気を誇ります。

都心から少し離れた場所に位置する吉祥寺ですが、なぜそこまで住みたいと思わせる魅力があるのか、改めてまとめました。吉祥寺がなぜ人気があるのか知りたい!吉祥寺周辺に住んでみたいとお考えの方はぜひ参考にして下さい。

都会と自然、近代とアナログの融合

吉祥寺の魅力は、対となる2つの要素が共存している点にあります。都会的で何でも揃う最新エリアと呼ばれる一方で、井の頭公園のような自然が共存しています。

また、さまざまな飲食店が立ち並ぶ中で、ハーモニカ横町のような昔ながらのアナログなお店も共存しています。また「いせや」のように何十年と続く老舗があるのも魅力です。

昔から多くの漫画家・文筆家に愛される街として知られる吉祥寺ですが、洗練されているだけでなく、どこかホッとできる要素が多くの人々を引きつけているのは間違いありません。

都会と自然、近代とアナログがそれぞれの良さを引き出している点が吉祥寺の魅力を最大限引き出していると言えるでしょう。

場所は西東京寄りだが利便性は高い

吉祥寺は都心に位置する街ではありません。

どちらかというと立川・八王子といった東京西部に位置する街です。横浜・埼玉・千葉からのアクセスは良いとは言えないため、待ち合わせの場所として利用される機会は都心よりも少なめです。

しかしながら、井の頭線で渋谷まで一本。中央線で新宿までほど近い距離にあります。位置的には西寄りと言えますが、利便性は決して悪くありません。一人暮らしする場合も、吉祥寺周辺であれば通勤・通学で困ることはありません。

吉祥寺に住めない場合でも周辺の『三鷹』、同じ武蔵野市内の『武蔵境』も狙い目です。

中央線に関しては行きは『中央特快』に乗れませんが、帰りは中央特快が止まります。
満員電車を避けたい場合は総武線・東西線でも新宿までは行けるのでストレスがかかりません。

対となる要素の融合、意外と高い利便性

前述した通り、吉祥寺の魅力は対となる様々な要素が複合的に絡み合う点にああります。

特に近代と自然が融合した街というのは、原宿と明治神宮、吉祥寺と井の頭公園が代表的であり実際に足を運ぶと不思議な感覚があります。

また、地図上では都心から離れた吉祥寺ですが、今回まとめた通り利便性も良好です。
県外からのアクセスはそれほど良くありませんが、一般的に思われる以上に利便性は高いと言えます。

駅の中心から一歩抜けだせば閑静な住宅街が広がり、これから家族・一人暮らしを考えている方々にはこれから先もおすすめできる街です。

ビックリするような有名人も数多く住むほど人気の吉祥寺ですが、そこから派生して隣接する三鷹や、同じ武蔵野市内の武蔵境が今後は注目になるかもしれません。

 

 

Share on Facebook
Pocket

マイナス金利時代の資産運用に不動産投資が最適な3つの理由

Share on Facebook
Pocket

マイナス金利が導入されたことにより、ただ預金しているだけでは資産が増えない時代になりました。

多くの人が預金に頼らない資産運用に目を向け、銀行や証券会社もそのための方法について真剣に取り組みはじめています。資産運用には株や投資信託、インデックスファンド、国債、債権などさまざまな商品があります。

一方で、特に有効と言えるものの一つが不動産投資です。なぜ不動産投資なのか?3つの理由を簡潔にまとめました。

マイナス金利の好影響を直に受ける分野

不動産はマイナス金利の恩恵を最も受けると言われる分野であり、地域格差の問題などはありますが、マイナス金利の影響で伸びていくと言われています。

マイナス金利の影響により融資審査は通りやすくなっており、不動産業界全体は緩やかに活性化されるものとみられています。不動産市場の景気を示すREIT指数についても、一時落ち込んでいたものの緩やかな右肩上がりになっています。

世界経済の影響を直に受けにくい

資産運用における金融商品の場合、株にしろ投資信託にしろ為替や世界の株価指数に影響を受けるデメリットがあります。分散投資された投資信託の場合においても、近年生じた英国のEU離脱問題のような出来事があった場合には影響は避けられません。

一方で、不動産投資の場合は、こうした世界経済の影響が直接的には受けにくいという性質を持っているため分散投資の一つとして最適と言えます。

低額で始めることもできる

不動産投資は資金がなければできないと思う方もいるかもしれませんがそんなことはありません。

前述した通り銀行の融資審査の基準はマイナス金利の影響で低下しているため、資金を借りて投資することも可能です。またワンルームマンションや中古一軒家においては200万円前後で仕入れられる物件も存在します。

また不動産投資の場合は実際に投資用の物件を購入するだけではなく、クラウドファンディングと呼ばれるサービスを生かすことで、実際に物件を購入することなく低額投資することも可能です。世界経済の影響は受けてしまいますが同じようにREITと呼ばれる不動産投資においても低額投資が可能です。

マイナス金利の恩恵を受ける不動産投資はあなどれない

不動産投資のデメリットとしてはこれまで人口減少に伴う空き室問題、2020年東京オリンピックをピークに下火になるのではないか?といった懸念が挙げられます。

確かに簡単な状況とは言えませんがマイナス金利によって潮目が変わったこと、少ない資金で分散投資の一つとして取り入れる分にはメリットが上回るとみて良いでしょう。少なくとも多額の資金で集中投資しない限りはリスクは限定的と言えるはずです。

従来は資金がなければ不可能と言われた不動産投資ですが、情報サイトやWEBサービスの進化によって近年はさまざまな人ができるようになっているのも魅力です。

まとめ

株や投資信託など資産運用の代表格と言える金融商品に目を向けることも大切ですが、前述したように世界経済の影響を直に受けてしまうデメリットがあります。そもそも、資産運用自体リスクゼロでできるものではありません。

その意味で、金融商品だけではない資産運用の方法も確保しておくと安心です。マイナス金利の恩恵を最も受けると言われる不動産投資はその意味で、大切な役割を担う可能性があります。

Share on Facebook
Pocket

【関東】最新住みたい街ランキングが発表!住みやすい街の特徴は?

Share on Facebook
Pocket

最新の関東圏の住みたい街ランキングが発表され、5年連続で首位をキープしてきた吉祥寺が陥落し、恵比寿が1位になったことが話題になっています。

これまで吉祥寺の首位は揺るぎないものでしたが、今回の変化を通じて不動産的な観点から住みたい街の傾向をまとめました。ら一人暮らしや家族住まいをお考えの方は参考にして頂ければ幸いです。

恵比寿1位からみる利便性への高まり

恵比寿が人気の理由として、吉祥寺と同様に遊ぶ場所・食事する場所が充実し、洗練されているということが挙げられますが、それだけで1位になることはありません。

恵比寿に住みたい最大の理由は、高い利便性にあります。恵比寿は渋谷・品川と言った日本の中心地にほど近く、代官山・中目黒と言った人気エリアとは徒歩圏内。山手線以外にも埼京線・湘南新宿ラインも停車します。

近年、東京オリンピックの影響によって、羽田空港の周辺の利便性が高まり、本格的に日本の窓口になろうとしています。そんな羽田方面に近い恵比寿の需要は、まさに日本の流れを象徴していると言えるでしょう。

吉祥寺が2位に陥落した理由

一方、今回2位になった吉祥寺も、恵比寿と同様に洗練されていて、井の頭公園のような自然と共存している魅力的な街です。利便性についても、中央線で新宿まで近距離、井の頭線で渋谷まで近距離で大きな問題はありません。

必要なものは何でも揃い、近代的な部分とハモニカ横町に代表されるアナログな魅力が融合し、ジブリ美術館のような観光スポットもあります。

ただ最近は、5年連続住みたい街1位の影響もあり、休日などに足を運ぶと歩けないほど人で賑わうようになりました。その意味では観光地としての評価は高まる一方で、住みたい街としての評価は若干下がったのかもしれません。

しかしながら大きな問題があるわけではないため、再度1位に浮上する可能性はありえるでしょう。

関東圏の住みたい街、住みやすい街の共通点

不動産的な観点では関東圏の住みたい街の共通点はハッキリとした特徴があります。
今回は上位5と、それぞれの特徴を書き出しました。

1位.恵比寿

  • 渋谷・品川にほど近く利便性が高い。
  • 遊ぶ場所や食事、買い物をする場所が充実している。
  • 恵比寿ガーデンプレイスのように開放感のある商業スペースがある。

2位.吉祥寺

  • 新宿・渋谷へのアクセスが良好で利便性が高い。
  • 遊ぶ場所や食事、買い物をする場所が充実している。
  • 自然豊かな井の頭公園がある。

3位.横浜

  • 渋谷・品川へのアクセスが良好。湘南・鎌倉など人気エリアと近い。
  • 遊ぶ場所や食事、買い物をする場所が充実している。
  • 海がすぐ近くにある。海に面している。

4位.武蔵小杉

  • 横浜・渋谷・品川へのアクセスが良好。
  • 食事、買い物をする場所が充実している。
  • 河川敷や運動場が多く、都心とは思えないほどの広がりがある。

5位.自由が丘

  • 横浜・渋谷・品川へのアクセスが良好。
  • 食事、買い物をする場所が充実している。
  • 河川敷や運動場が多く、都心とは思えないほどの広がりがある。

住みたい街の上位の共通点は『利便性が高い』『食事や買い物が便利』『開放感がある』と言うことができます。特に開放感は現代社会で必要不可欠な要素になりつつあります。

人工密度が高いエリアよりも、どこかのんびりとできるポイントが求められる傾向が高まりつつあります。今回のランキングでは武蔵小杉が上位に入り話題を呼びましたが、このこととは無関係ではなさそうです。

これから人気の出そうな穴場の住みやすい街は?

詳しくは別の記事でご紹介しますが、今回のポイントを踏まえた上で住みやすい街の一部をご紹介しておきます。これから一人暮らし、家族暮らしをお考えの方はぜひ参考にして下さい。

立川

  • 八王子・吉祥寺・新宿へのアクセスが良好。新宿へは中央特快1本で行ける。
  • 新宿に並ぶほど食事・買い物施設が充実し、大きな発展を遂げている。IKEAの路面店も存在。
  • 自然豊かな昭和記念公園が隣接している。

武蔵境

  • 東京・吉祥寺と隣接した街。立川・新宿までのアクセスが良好。
  • 食事、買い物をする場所が充実している。近年、駅周辺に続々と商業施設が開設。
  • 武蔵野プレイスと呼ばれる日本有数の近代図書館ができ、大きな注目を集める。

【関東】住みたい街ランキングまとめ

関東圏で一人暮らしや家族暮らしを考える人にとって「どこに住むか?」は重要な問題です。
現実的には家賃の問題もありますので、今回のランキングを参考にぜひ自分に合った住みやすい街を探してみて下さい。

今回新たに武蔵小杉が台頭してきたように、まだまだ魅力的な街は沢山あります。利便性があれば東京である必要もありません。不動産スタイルではそうした街も取り上げて行きたいと思います。

Share on Facebook
Pocket

クラウドファンディングの不動産投資が使えると思う3つの理由

Share on Facebook
Pocket

不動産投資するだけの資金がない場合、リート投資が向いていると過去の記事で書きました。

一方でより最先端の手法として注目を集めているのが。クラウドファンディングのサービスを生かした不動産投資です。クラウドファンディングという言葉が聞き慣れない方もいるかと思いますので、今回はその説明と、メリット・デメリットについて整理しました。

クラウドファンディングとは何か?

クラウドファンディングとは投資家と企業をインターネットを通じて直接結びつけることで、余計な手数料・コストをかけずに投資できる新しいサービスで、大きな注目を集めています。

このクラウドファンディングを生かした不動産投資が日本でも活発化してきており、低額投資・好利回りが実現することから人気を博しています。

そこで今回は、クラウドファンディングを生かした投資の3つのメリットをまとめました。

低額投資ができる

1万円、5万円など、極めて低額な金額から投資ができます。資金がない人、リスクをかけたくない人にも最適です。ここまで低資金で投資できる媒体は限られていて貴重です。

期待利回りが高い

クラウドファンディングを利用することで余計なコスト・手数料がかからないことから期待利回りが高いのも特徴です。高いところでは10%前後の商品もあり、投資妙味があります。

またクラウドファンディングで不動産投資を提供する会社の中には『不動産担保付き』の商品もあり、これは株や為替よりも安全性が高いと言われています。その意味ではクラウドファンディングサービスの中でも不動産分野は狙い目です。

地合いの影響を受けにくい

同じように低額で不動産投資できるリートの場合、日経平均株価や世界経済の影響を直接受けることがありますが、クラウドファンディング投資については、直接的な影響はありません。

株の場合はどれだけ有望な銘柄に投資していても、日経平均が大きく下がれば影響は免れられません。こうしたストレスが感じにくいのもメリットと言えます。

デメリットは情報が少ないこと

クラウドファンディング投資は『フィンテック』と呼ばれる金融革命を代表するサービスです。そのためまだ情報が充分にありません。

デメリットとしては新しいサービスであるため情報が少ないこと。サービスを提供する会社についてもこちらが吟味する必要があります。

しかしながら、裏を返せばチャンスと言うこともできます。低額資金で始められることを考慮すればリスクは限られており、現在は始めてみることのメリットの方が大きいと感じます。

クラウドファンディングを利用した不動産投資の始め方

多くの人はクラウドファンディング自体を利用するのが始めてだと思います。

口座については簡単に作ることができて、費用等もかかることはありません。
実際の投資までの流れも、株や投資信託の経験があれば問題なくこなせます。

ポイントとしては非常に低額な資金で投資することができますので、先ずは低額投資を行って慣れてきたら資金量を増やしていくというスタンスを取れば、非常に手堅い投資が可能になります。

株や投資信託ほど普及した資産運用のサービスではないため、手堅く始めるのがおすすめです。

ここで経験を積めば投資で他者との大きな差別化が図れる可能性も出てくるはずです。

初めての場合は不安もありますが、クラウドファンディングの不動産サービスの中にはすぐに売り切れる人気案件も出始めているため、一足早く始めておくと良いかもしれません。

Share on Facebook
Pocket

リート投資にはIPO(新規公開株)がおすすめな理由

Share on Facebook
Pocket

不動産投資をしたい場合、実際に不動産を購入するだけの資金がない場合があります。

こうした場合におすすめなのがリート投資です。リート投資とは株の不動産バージョンだと考えると分かりやすいかもしれません。不動産を所有する不動産会社に投資することができる商品であり、株価の値上がりや利回りによって利益が得られる仕組みです。

リートは株式投資をするのと同じように証券会社を通じて簡単に投資することができます。近年はマンションや商業ビルのような不動産の他にも、物流関係やヘルスケアなど新規性の高いリートも登場しており、高い注目を集めています。

リート投資の中でもIPO(新規公開株)の利用がおすすめな理由

リート投資をする場合、よりおすすめなのがIPO(新規公開株)を利用することです。

IPOとは新たに上場する株式・リートを証券会社を通じて買う仕組みのことを指しますが、こちらで購入すると上場後に値が上がりやすい傾向があるため、個人投資家から高い人気を集めています。

もちろん全てのリートのIPOが上場後に値を上げるわけではありません。

そこで今回は上場後に値を上げやすいリートのIPOの特徴を整理しました。

ネームバリュー・物件の質

リートのIPO(新規公開株)を選別する上で最も大切なことは物件の質です。

特に大手不動産系列のようにネームバリューがあり、抱える物件の質が高いリートは幅広い人気を集める傾向にあり、上場後に値を上げる一番の要因になります。ネームバリューの高いリートは機関投資家と呼ばれるプロの運用者からも買われやすく、さまざまなメリットがあります。

利回りが高い

全てのリートは利回りが表示されていますが、株とは異なりリートの場合は利回りで評価される傾向にあります。そのため、IPOでリートを購入する場合は利回りを確認し、他社と比較しておくことが大切です。なお、利回りなどの情報は東証の新規上場会社情報で確認できます。

地合いが良い

リートのIPOはリート市場に上場しますが、市場の地合いがどのような状況にあるのかも重要です。
例えばリーマンショックのような事態になった場合は、リート市場も影響を受けるので地合いが悪いと言えます。このように地合いに左右される側面があり、地合いが良い時にリートのIPOを購入するのもポイントになります。

まとめ

このように、ポイントを踏まえてリートをIPO(新規公開株)で購入すると、上場後に値を上げるため利益を得ることができます。利益が出た時点で売ってしまっても良いですし、利回り目的で長期で保有しても問題ありません。

IPO(新規公開株)のリスク

IPO(新規公開株)を利用したリート投資は今回挙げたようなポイントさえ抑えれば勝率は高く、おすすめと言えます。注意点としては無名で物件が充実していないリートや、世界経済が悪化している時などにIPO(新規公開株)で購入してしまうと公募割れと呼ばれる損失を被るリスクがあります。

また、人気のリートのIPOは抽選で落選してしまうケースもあります。

ただ、これらを踏まえてもIPO(新規公開株)を利用したリート投資はローリスクであり、目利きさえ養われれば投資妙味があります。

慣れればそれほど難しいことではない

今回のお話は一見すると、上級技のようで難しく感じてしまうかもしれませんが、作業自体は証券会社から申込むだけですので慣れれば簡単です。

リート投資というものがあり、IPO(新規公開株)でも投資できると頭の片隅に入れておくだけでも資産運用がより充実したものになることは間違いありません。

Share on Facebook
Pocket