不動産投資

Share on Facebook
Pocket

Share on Facebook
Pocket

マイナス金利時代の資産運用に不動産投資が最適な3つの理由

Share on Facebook
Pocket

マイナス金利が導入されたことにより、ただ預金しているだけでは資産が増えない時代になりました。

多くの人が預金に頼らない資産運用に目を向け、銀行や証券会社もそのための方法について真剣に取り組みはじめています。資産運用には株や投資信託、インデックスファンド、国債、債権などさまざまな商品があります。

一方で、特に有効と言えるものの一つが不動産投資です。なぜ不動産投資なのか?3つの理由を簡潔にまとめました。

マイナス金利の好影響を直に受ける分野

不動産はマイナス金利の恩恵を最も受けると言われる分野であり、地域格差の問題などはありますが、マイナス金利の影響で伸びていくと言われています。

マイナス金利の影響により融資審査は通りやすくなっており、不動産業界全体は緩やかに活性化されるものとみられています。不動産市場の景気を示すREIT指数についても、一時落ち込んでいたものの緩やかな右肩上がりになっています。

世界経済の影響を直に受けにくい

資産運用における金融商品の場合、株にしろ投資信託にしろ為替や世界の株価指数に影響を受けるデメリットがあります。分散投資された投資信託の場合においても、近年生じた英国のEU離脱問題のような出来事があった場合には影響は避けられません。

一方で、不動産投資の場合は、こうした世界経済の影響が直接的には受けにくいという性質を持っているため分散投資の一つとして最適と言えます。

低額で始めることもできる

不動産投資は資金がなければできないと思う方もいるかもしれませんがそんなことはありません。

前述した通り銀行の融資審査の基準はマイナス金利の影響で低下しているため、資金を借りて投資することも可能です。またワンルームマンションや中古一軒家においては200万円前後で仕入れられる物件も存在します。

また不動産投資の場合は実際に投資用の物件を購入するだけではなく、クラウドファンディングと呼ばれるサービスを生かすことで、実際に物件を購入することなく低額投資することも可能です。世界経済の影響は受けてしまいますが同じようにREITと呼ばれる不動産投資においても低額投資が可能です。

マイナス金利の恩恵を受ける不動産投資はあなどれない

不動産投資のデメリットとしてはこれまで人口減少に伴う空き室問題、2020年東京オリンピックをピークに下火になるのではないか?といった懸念が挙げられます。

確かに簡単な状況とは言えませんがマイナス金利によって潮目が変わったこと、少ない資金で分散投資の一つとして取り入れる分にはメリットが上回るとみて良いでしょう。少なくとも多額の資金で集中投資しない限りはリスクは限定的と言えるはずです。

従来は資金がなければ不可能と言われた不動産投資ですが、情報サイトやWEBサービスの進化によって近年はさまざまな人ができるようになっているのも魅力です。

まとめ

株や投資信託など資産運用の代表格と言える金融商品に目を向けることも大切ですが、前述したように世界経済の影響を直に受けてしまうデメリットがあります。そもそも、資産運用自体リスクゼロでできるものではありません。

その意味で、金融商品だけではない資産運用の方法も確保しておくと安心です。マイナス金利の恩恵を最も受けると言われる不動産投資はその意味で、大切な役割を担う可能性があります。

Share on Facebook
Pocket

クラウドファンディングの不動産投資が使えると思う3つの理由

Share on Facebook
Pocket

不動産投資するだけの資金がない場合、リート投資が向いていると過去の記事で書きました。

一方でより最先端の手法として注目を集めているのが。クラウドファンディングのサービスを生かした不動産投資です。クラウドファンディングという言葉が聞き慣れない方もいるかと思いますので、今回はその説明と、メリット・デメリットについて整理しました。

クラウドファンディングとは何か?

クラウドファンディングとは投資家と企業をインターネットを通じて直接結びつけることで、余計な手数料・コストをかけずに投資できる新しいサービスで、大きな注目を集めています。

このクラウドファンディングを生かした不動産投資が日本でも活発化してきており、低額投資・好利回りが実現することから人気を博しています。

そこで今回は、クラウドファンディングを生かした投資の3つのメリットをまとめました。

低額投資ができる

1万円、5万円など、極めて低額な金額から投資ができます。資金がない人、リスクをかけたくない人にも最適です。ここまで低資金で投資できる媒体は限られていて貴重です。

期待利回りが高い

クラウドファンディングを利用することで余計なコスト・手数料がかからないことから期待利回りが高いのも特徴です。高いところでは10%前後の商品もあり、投資妙味があります。

またクラウドファンディングで不動産投資を提供する会社の中には『不動産担保付き』の商品もあり、これは株や為替よりも安全性が高いと言われています。その意味ではクラウドファンディングサービスの中でも不動産分野は狙い目です。

地合いの影響を受けにくい

同じように低額で不動産投資できるリートの場合、日経平均株価や世界経済の影響を直接受けることがありますが、クラウドファンディング投資については、直接的な影響はありません。

株の場合はどれだけ有望な銘柄に投資していても、日経平均が大きく下がれば影響は免れられません。こうしたストレスが感じにくいのもメリットと言えます。

デメリットは情報が少ないこと

クラウドファンディング投資は『フィンテック』と呼ばれる金融革命を代表するサービスです。そのためまだ情報が充分にありません。

デメリットとしては新しいサービスであるため情報が少ないこと。サービスを提供する会社についてもこちらが吟味する必要があります。

しかしながら、裏を返せばチャンスと言うこともできます。低額資金で始められることを考慮すればリスクは限られており、現在は始めてみることのメリットの方が大きいと感じます。

クラウドファンディングを利用した不動産投資の始め方

多くの人はクラウドファンディング自体を利用するのが始めてだと思います。

口座については簡単に作ることができて、費用等もかかることはありません。
実際の投資までの流れも、株や投資信託の経験があれば問題なくこなせます。

ポイントとしては非常に低額な資金で投資することができますので、先ずは低額投資を行って慣れてきたら資金量を増やしていくというスタンスを取れば、非常に手堅い投資が可能になります。

株や投資信託ほど普及した資産運用のサービスではないため、手堅く始めるのがおすすめです。

ここで経験を積めば投資で他者との大きな差別化が図れる可能性も出てくるはずです。

初めての場合は不安もありますが、クラウドファンディングの不動産サービスの中にはすぐに売り切れる人気案件も出始めているため、一足早く始めておくと良いかもしれません。

Share on Facebook
Pocket

リート投資にはIPO(新規公開株)がおすすめな理由

Share on Facebook
Pocket

不動産投資をしたい場合、実際に不動産を購入するだけの資金がない場合があります。

こうした場合におすすめなのがリート投資です。リート投資とは株の不動産バージョンだと考えると分かりやすいかもしれません。不動産を所有する不動産会社に投資することができる商品であり、株価の値上がりや利回りによって利益が得られる仕組みです。

リートは株式投資をするのと同じように証券会社を通じて簡単に投資することができます。近年はマンションや商業ビルのような不動産の他にも、物流関係やヘルスケアなど新規性の高いリートも登場しており、高い注目を集めています。

リート投資の中でもIPO(新規公開株)の利用がおすすめな理由

リート投資をする場合、よりおすすめなのがIPO(新規公開株)を利用することです。

IPOとは新たに上場する株式・リートを証券会社を通じて買う仕組みのことを指しますが、こちらで購入すると上場後に値が上がりやすい傾向があるため、個人投資家から高い人気を集めています。

もちろん全てのリートのIPOが上場後に値を上げるわけではありません。

そこで今回は上場後に値を上げやすいリートのIPOの特徴を整理しました。

ネームバリュー・物件の質

リートのIPO(新規公開株)を選別する上で最も大切なことは物件の質です。

特に大手不動産系列のようにネームバリューがあり、抱える物件の質が高いリートは幅広い人気を集める傾向にあり、上場後に値を上げる一番の要因になります。ネームバリューの高いリートは機関投資家と呼ばれるプロの運用者からも買われやすく、さまざまなメリットがあります。

利回りが高い

全てのリートは利回りが表示されていますが、株とは異なりリートの場合は利回りで評価される傾向にあります。そのため、IPOでリートを購入する場合は利回りを確認し、他社と比較しておくことが大切です。なお、利回りなどの情報は東証の新規上場会社情報で確認できます。

地合いが良い

リートのIPOはリート市場に上場しますが、市場の地合いがどのような状況にあるのかも重要です。
例えばリーマンショックのような事態になった場合は、リート市場も影響を受けるので地合いが悪いと言えます。このように地合いに左右される側面があり、地合いが良い時にリートのIPOを購入するのもポイントになります。

まとめ

このように、ポイントを踏まえてリートをIPO(新規公開株)で購入すると、上場後に値を上げるため利益を得ることができます。利益が出た時点で売ってしまっても良いですし、利回り目的で長期で保有しても問題ありません。

IPO(新規公開株)のリスク

IPO(新規公開株)を利用したリート投資は今回挙げたようなポイントさえ抑えれば勝率は高く、おすすめと言えます。注意点としては無名で物件が充実していないリートや、世界経済が悪化している時などにIPO(新規公開株)で購入してしまうと公募割れと呼ばれる損失を被るリスクがあります。

また、人気のリートのIPOは抽選で落選してしまうケースもあります。

ただ、これらを踏まえてもIPO(新規公開株)を利用したリート投資はローリスクであり、目利きさえ養われれば投資妙味があります。

慣れればそれほど難しいことではない

今回のお話は一見すると、上級技のようで難しく感じてしまうかもしれませんが、作業自体は証券会社から申込むだけですので慣れれば簡単です。

リート投資というものがあり、IPO(新規公開株)でも投資できると頭の片隅に入れておくだけでも資産運用がより充実したものになることは間違いありません。

Share on Facebook
Pocket